「手のひら先生の高麗手指鍼理論」の記事一覧

人は見た目が一番!

というタイトルの本がベストセラーになっていました。 「カステラ一番 電話は二番 三時のおやつは文明堂~♬」とい・・・

鍼灸は次の世紀に生き残れるか?

答えは「今のままでは生き残れません」です。   旧態依然として二千年前に書かれた「素問霊枢」を読み、・・・

手術後の癒着 その他の癒着治療

癒着治療は本当に簡単に治療できます。 世の中ではこれで苦しいでいる方が多いようなのですが、簡単に治っていきます・・・

東洋医学を探っていくと西洋医学と重なる

自らの脳溢血後遺症 痙性麻痺治療も、あと少しで完治になると思えるまで来ました。 ところが料理の最後の仕上げの調・・・

東洋医学は決して古い医学ではない

二千年以上前からあるとされる東洋医学です。 その原典は紀元前260年頃の、春秋戦国時代に書かれたと言われていま・・・

脳溢血脳梗塞後遺症治療

脳の治療はまだまだ奥行きが深く わからないことが多い。 後遺症治療をイメージする時、つい運可動域改善や運動改善・・・

商標登録継続いたしました

「手のひら先生」は私の商標登録です。 独自の研究で様々な研究をする中で、従来の高麗手指鍼の理論も技術も、超えて・・・

脳神経疾患の経絡調整

発明品で特許を取った「ニードルキーパー」を使かうことに、全く新しい視点を見出しました。 それが経絡調整というこ・・・

経絡調整とは

経絡調整いわゆる経絡治療とは何か? 我が鍼灸学校の創立者、柳谷素霊は経絡治療の推進者でした。 根本から病気を治・・・

脳卒中後遺症治療 痙性麻痺

手のひら先生スタイルの高麗手指鍼 新鍼灸理論 第11章 脳卒中後遺症治療の動画をユーチューブにアップしました。・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ