「手のひら先生の手指鍼技術」の記事一覧

なぜ脈診が考えられたのだろうか その1経絡は消える?

私の高麗手指鍼の先生は金成万(キン・ソンマン)師でした。 二人きりで対談した時先生が突然「フィンガーテストはダ・・・

MGOTについて

MGOTって言ったって、誰もわからないでしょう☺ 自分で作ったつぼ診断具の名前を、こうつけましたが、いまこれが・・・

心臓の治療について

黄帝内経が書かれた二千年の昔から、心経の調整はしてはならないと戒められていました。 ところが最近これを無視して・・・

経絡の時左は左でとり、神経疾患は左を右でとる?わかりますか

例えば脳卒中で左に障害が出ている場合、右の経絡を取って治療すると言われています。 経絡は皮膚の直下を流れている・・・

sound acupuncture 第1弾として発売中

不眠症対策CDです。 (クリックすると販売ページに飛びます) 10年以上前に脳溢血を発症し、幸いにも痙性麻痺だ・・・

診断方法の進化 治療前後のツボの状態を評価して治療効果を計測する

東洋医学に比べ西洋医学が優れているところ、それが診断方法と言われています。 見て判断する、科学的な判断数値で判・・・

リウマチ治療の効果測定

手のひら先生のリウマチ治療の効果診断法、としてブログに載せました。 リウマチ治療自体難しいのに、鍼灸師がその効・・・

大脳基底核と坐骨神経痛と肉離れ

何で?と思ったら「手のひら先生リウマチ相談室」の、坐骨神経痛治療をお読みください。 脳溢血後遺症もあと少しで治・・・

壁?

どのような仕事でも職業でも、続けていると壁に突き当たります。 私の壁はどちらかと言うと、その壁は自分で作ったも・・・

不整脈心房細動の治療

病院と言うより西洋医学では、手術でしか治せないのです。 アブレーションと言って問題なる箇所を焼いて、バランスを・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ