「セミナーと弟子入りの違い」の記事一覧

新・鍼灸理論 第2章 気について

手のひら先生スタイルの新・鍼灸理論 第2章 「気について」を公開いたしました。東洋医学の基本である気 治療家の中でもいかにして気を養うかについて、なかなか理解ができないことと思います。これは一子相伝ではないですが、なかな・・・

鍼灸講座の内容動画を公開しました

手のひら先生高麗手指鍼講座の、前期後期上級コース そして応募規定の説明を動画にしました。 高麗手指鍼が特殊な鍼灸であることと、私がセミナーの疑問点について考えていること問題点、弟子入りについてなど、 日ごろ東洋医学特に鍼・・・

動画をアップします

今週内に手のひら先生の高麗手指鍼講座の「説明動画を、ユーチューブにアップします。 文字で書いてあっても実際にどのようなことを講義するのかわからないという声があります。 そこでどのような内容になるか、具体的に説明したほうが・・・

手のひら先生手指鍼講座の開設です

当院に来られる患者さんのほとんどは鍼治療に初体験です。 その方々が良くなり始めると異口同音にこう言われます。 「鍼灸院の看板が目に付くようになり、本当に多いですねえ」 そうです資格取得者は、恐らく10万人を超えているので・・・

生徒募集です

「手のひら先生の高麗手指鍼講座」2016年度生徒募集開始いたします。 講座受講費も高いですし、募集内容も厳しい制限を掛けています。 「治療家の気」から開始する当講座では、伝統的な弟子入りと同じようにハードルを設けました。・・・

鍼灸師の気のつくり方

手のひら先生の高麗手指鍼講座では、鍼灸師にとって最も大事な気について学びます。気については必要なものでかつ大事なものですが、これは学校では学べません。昔からそれぞれがそれぞれのやり方でしか、治療の気を得てそれを高めること・・・

弟子入りを断られる理由 その6

「経絡治療のすすめ」首藤傳明著 医道の日本社刊があります。 学生時代2年生の時に読みました、衝撃的な鍼灸の世界でしたね。 やくざみたい、仁義なき世界を知りました。 同級生を見ていても、ちょっと普通の世界じゃないなとは思っ・・・

弟子入りについて その5

私が鍼灸学校生の時に、気功のブームがありました。 幸運だったかも知れません。 そこで出会ったのが鳥居隆篤先生でした。 先生は古武道「八光流」の四天王と呼ばれていたそうです。 そこから自ら興した「柔法」を創始し教えていまし・・・

弟子入りについて その4

体に刺す鍼を間違って鍼を刺した場合、どのくらいツボからずれても許容範囲なのか? 学校では「2センチツボから離れたら効果はないぞ!」と注意されました。 我が校で鍼に関しては1、2の権威があった先生の言うことだたので、正しい・・・

 弟子入りについて その3

ある宗教団体のセミナーに参加しました。 教祖様が未来を見通せるというので、参加したらその能力を分けてもらえるかもしれない、そんな思いで参加した次第です。 浅はかでしょう!ハハハ。 でもそこが私が今までたどった道で、その前・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ