「2017年6月」の記事一覧

経絡の時左は左でとり、神経疾患は左を右でとる?わかりますか

例えば脳卒中で左に障害が出ている場合、右の経絡を取って治療すると言われています。 経絡は皮膚の直下を流れているから、神経の場合は頚椎2番目あたりで交差しているから、このように治療するのだこう説明されてきました。 納得され・・・

sound acupuncture 第1弾として発売中

不眠症対策CDです。 (クリックすると販売ページに飛びます) 10年以上前に脳溢血を発症し、幸いにも痙性麻痺だけで済みました。しかし左半身の動きは制限され、血圧も不安定不整脈の出る、最大の障害は半身の凝りにつきました。 ・・・

診断方法の進化 治療前後のツボの状態を評価して治療効果を計測する

東洋医学に比べ西洋医学が優れているところ、それが診断方法と言われています。 見て判断する、科学的な判断数値で判断できるということです。 しかし診断即治療が出来るわけではありません 治療方法が違うのだから、それぞれの方法は・・・

リウマチ治療の効果測定

手のひら先生のリウマチ治療の効果診断法、としてブログに載せました。 リウマチ治療自体難しいのに、鍼灸師がその効果を果たして診断できるのか?疑問ですよね。 しかし診断できたら素晴らしいですよね。 自分が行っている治療が効果・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ