鍼灸師の治す気を弟子に伝える方法

すでに書きましたが弟子入りとは、先生の治せる気をもらうシステムである。

セミナーでこの気をどのようにして伝えるか、すでに1つは考えていました。

呼吸法です。

ごく最近知ったのですが、この呼吸法を教えてくださったのが有名な劇画「北斗の拳のケンシロウ」のモデルであった、鳥居先生だったのです。

早速キンドルでダウンロードして読みました。

「お前はすでに死んでいる」というセリフの意味が初めてわかりました。

この先生の呼吸法は素晴らしいので、これで気を学び自らの気のレベルを高めてもらいます。

もちろん私がいることで、共鳴をすれば鍼灸師の気を習得できます。

更にほかに方法はないかと探していましたが、気を直接生徒に伝える方法も効果的なことが分かりました。

実を言うと私が独自で考えだした方法ではないのですが、他の人がやっていたことを思い出して、疑問だったことを考え直し検証したところ、これが素晴らしく気をたかめる方法ということが確認できました。

気の習得は究極「気付き」なのです。

分からない分からないでは、結局わからないのです。

腹式呼吸が気をたかめることだと言われても、疑っていたりすれば得ることは出来ません。

先生は教えてくれていますが、本質のところは簡単には教えてくれません。

そこを気が付かなければならないのです。

座禅やヨーガ、飛んだり跳ねたりしても、この気付きは出来ません。

結局弟子入りが手っ取り早い、鍼灸師の治せる気の習得方法だったわけですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ