「2015年2月」の記事一覧

鍼灸講座体験記 その2

山下詢先生の講座は途中からの参加でした。 途中から参加できるのは異例のことらしく幸運でした。 東洋鍼灸専門学校の大先輩と言うことがあとから分かりました。 先生の講座は2年制で、基礎講座と上級講座と2本立てでした。 東洋医・・・

私の鍼灸講座体験 その1

自分が体験したセミナー参加から、様々な問題を探っていきます。 鍼灸学校に入ってから、何か心配になりました。 私は定年退職後の第2の人生の仕事になればと考え、鍼灸学校入学を決めたのです。 ところが夜の部の学生の全員が卒業後・・・

弟子入りを断られる理由 その6

「経絡治療のすすめ」首藤傳明著 医道の日本社刊があります。 学生時代2年生の時に読みました、衝撃的な鍼灸の世界でしたね。 やくざみたい、仁義なき世界を知りました。 同級生を見ていても、ちょっと普通の世界じゃないなとは思っ・・・

弟子入りについて その5

私が鍼灸学校生の時に、気功のブームがありました。 幸運だったかも知れません。 そこで出会ったのが鳥居隆篤先生でした。 先生は古武道「八光流」の四天王と呼ばれていたそうです。 そこから自ら興した「柔法」を創始し教えていまし・・・

弟子入りについて その4

体に刺す鍼を間違って鍼を刺した場合、どのくらいツボからずれても許容範囲なのか? 学校では「2センチツボから離れたら効果はないぞ!」と注意されました。 我が校で鍼に関しては1、2の権威があった先生の言うことだたので、正しい・・・

 弟子入りについて その3

ある宗教団体のセミナーに参加しました。 教祖様が未来を見通せるというので、参加したらその能力を分けてもらえるかもしれない、そんな思いで参加した次第です。 浅はかでしょう!ハハハ。 でもそこが私が今までたどった道で、その前・・・

弟子入りについて その2

自在に気を操るのが鍼灸師です。 自分が意識するしないにかかわらずです。 意識しないで?と思われるでしょうが、経験が深いと治療の気は本人の意識にかかわらず出るものなのです。 戦後の鍼灸にかかわる方たちの体験談を読むと、一所・・・

弟子入りについて その1

鍼灸の治療技術の伝達に「弟子入り」があります。 この弟子入りとは何かを考えてみているうちに、今まで誰も気が付かなかったその真の意味を解明しました。 私の行うのは講座になりますが、この弟子入りの真の意味を踏まえ講義を進める・・・

来年の講座開設に当たって

こんにちは、手のひら先生です。 満を持して2016年より「手のひら先生の高麗手指鍼講座」を開設いたします。 つきましてはどのような考えでどのようなことを教えていくのか、希望される方々に提示し納得された方のみに、講座に参加・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ