鍼灸講座の内容動画を公開しました

手のひら先生高麗手指鍼講座の、前期後期上級コース そして応募規定の説明を動画にしました。

高麗手指鍼が特殊な鍼灸であることと、私がセミナーの疑問点について考えていること問題点、弟子入りについてなど、

日ごろ東洋医学特に鍼灸を後世に伝えていくことなど、様々なこともこの中でその一端でもお話しできているかな?と思い作りました。

学校の入学も門戸は広くなりました。

もともと普通に学べば資格取得はできました。

問題はそこからでした。今も昔も変わっていません。

いかにして鍼灸師の持っている、「治療家の気」を後世に伝えていくかなのです。

開業を夢見て入学したのに、卒業生は多いのに、実際開業指数はほんの一握りです。

治せると評判の立つ方たちも一握りです。

王道である「弟子入り」の門戸は開かれていません。

そこが東洋医学の唯一の問題点です。

弟子入りがだめならセミナーで、と言ってもそこから「治療家の気」を譲り受けることは、なかなか難しいでしょうね。

理論は学べます、技術は学べます。

そのあとの必要なことは自分で切り開いていかなければなりません。

私が受講したセミナーの数々の、真の評価はどのようだったのでしょうか?

受講者同士で検証しあったことは、治療していなかったので出来ませんでしたが、生徒同士が評価したらどうだったのだろうか?

そんないろいろなことを考えながら講座を進めたいと今は考えています。

「でももし治せないじゃないか!とかそんなこと言われても分かんないよ!」と言われたらどうしようかとも考え、震えてたり怯えてもいます。(笑い)

東洋医学は感覚の世界・経験の積み重ね世界でもあります。

そこをいかにして早く確実に「共通感覚を磨くか」、講座の意義はそこにかかっています。

高麗手指鍼の可能性はまだまだ、未来に拓けています。

残念なことに発祥の地韓国では、資格の制限があったりして優秀な人材が入ってこないので、廃れていっています。

瑞金療法と名を変えていて、刺さない治療法になっています。

伝統的な鍼の現在はわかりません。耳鍼や頭皮鍼などの現状はどうなのでしょうか。

唯一日本で発明された、山元敏勝博士の「山元式新頭針療法 YNSA」が元気なのではないでしょうか。

あなたが参加され技術を習得されたなら、おそらく最先端を行く鍼技術を身に着けられることと、私は考えています。

ディメンション治療と名付けた治療法は、現在は理解できるのは私だけでしょうが、これを知ればポールノジェ博士の耳鍼理論より、
遥かに進んでいて面白い治療だとのめり込むはずです。

もう一つ大きな口をたたくなら、いま現代医学も産業研究も最先端は、「脳研究」にあります。

今行っている私の研究もまさに、「脳とはり治療」にあります。

興味がある方はどうぞ応募ください。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ