左腎右命門の難題どうやら解決できました

でもなんで二千年前の治療家たちは、このことがわかっていたんだろうかと、その方が不思議です。

この詳しい検証や説明はセミナーの中でお話しようと思っています。

古代中国大陸にいた偉大な東洋医学の大家たちの、持っていた能力はとてつもないくらいだったのでしょう。

宇宙の生成を現代宇宙物理学がやっと解明し始めたことを、二千年前の老荘思想では語っていた、それはいったい何なんだ!

結局いままで検証して来て謎を解く言葉にたどり着きました。

それが漢方医学で言う「気・血・水」でした。

この言葉に対応する臓器に、すべて反応するのです。

左右は同一の反応はしないのです。

解剖図を見たり左右差を調べても、これという結論に至るものはありません。

現代医学では説明のつく手がかりは全くありません。

命門と関係するであろう卵巣と精巣に関しては、睾丸の左右の大きさがあったり、妊娠等に関するネットの質問や推測から、左右差があるというそれらしきものが散見されます。

しかし命門の解に結びつけられるものは皆無でした。

Oリングテストで試すと、左右の差が歴然です。

そこで前述の「気・血・水」から関係する試料を持って検証しました。

明白に左腎右命門でした。

生命形態学から見れば、我々の腎臓は鳥の時代からと考えれば良い。

腎臓は前腎・中腎・後腎と別れている。

そして全2者がなくなって今の腎臓は、後腎を指すことになる。

その途中で生殖に関しては、腎と深い関わりが生まれます。

これは現代生物学で説明ができます。

それが左腎命門の解説には結びつきません。

私の結論では、生殖に関する氣は右半身主導ではないかもちろん男女ともです、というところに来ました。

内蔵全体の配置がまさに「氣・血・水」の配置がなされているのではと考えています。

それとも古代の治療家たちは、内臓の配置を解剖の結果見て、それから五行を当てはめていったのではないでしょうか?

そんなことを今は思い始めています。

「いやー東洋医学って本当に面白いですねぇー」

水野晴郎のパクリですが。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ