脳溢血脳梗塞そして脳腫瘍手術の後遺症

昨日も報告しましたが、ディメンションに分けての治療法の結果が、早くも出始めましたので報告いたします。

脳溢血の治療で2年ほど来ていただいている患者さんです。

ディメンション治療は本日で2回目です。

もうほとんど完治に近いところまで来ているので、目立った改善はありませんでした。

しかしいつもよりも表情が生き生きとして、顔が引き締まった感じです。

肩甲骨周りの凝りが取れてきたとおっしゃっています。

この療法で私もここの改善が目覚ましかったので、驚くとともにうれしい改善点でした。

今お一人は脳腫瘍の手術で左半身の運動マヒと痙縮のある患者です。

本日は2回目の治療です。

結果が出ました。

まず目立つのは左足がまっすぐに出てきたことです。

後遺症患者の足はいわゆる「ぶん回し」で、外からぐるっと回って足が前に出る現象が出ます。

これが9割方改善されました。

左手は固く閉じていたのですが、指が開いてきました。

今回の治療で次回はこの左手にも鍼治療が施せそうです。

ここまでの改善度を計測したとするなら、今までの治療法の数千倍は早く良い結果が現れました。

自覚症状としては血流が良くなったということです。

私自身の治療経過と成果、お二人の患者さんの結果を見て、これで脳神経治療法は完成と考えます。

さてここで今一つ改良した治療法があります。

それは素問霊枢が書かれた時から、心経の治療の戒めと心臓疾患の鍼治療についてです。

もう3年以上前に自身の不整脈を治したことは報告していました。

あれからディメンションの考え方、人間の脳と体の進化について認識が深まったこともあり、1年を空けたのですが

心臓治療および血流改善を意識して、お二人には心臓のディメンション治療も行っています。

後者の患者さんが血流が改善されたと実感されたのは、このことも大いに影響したからと考えます。

臓器についてのディメンション治療は、近々動画や項を改めて説明します。

鍼灸講座ではもちろん講義に含めていきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ