心臓疾患の治療法も講座で学べます

手のひら先生が鍼灸講座を開設いたします。2016年よりまさに満を侍してお送りいたします。その前に内容を理解していただくためブログを公開しております。

手のひら先生の高麗手指鍼による心臓病治療法は、段階を踏めば講座に組み込まれています。

3年間にわたり自身の治療を通し、試行錯誤の末たどり着いた治療法です。

鍼灸二千年三千年の歴史の中では、心臓の経絡「心経」の調整は行ってはならないと固く戒められていました。

その言葉は現代人にとっては、こじつけや迷信みたいに読めたのかもしれません。

しかしその教えを頑なに治療家は守ってきました。

そのことがやっと解明され納得でき、治療にも応用できるようになりました。

そもそも心臓と言うものを1個の臓器として取り扱うこと自体が、経絡調整の中では難しかったのです。

そのことを古代中国大陸にすんでいた賢明な治療家は、物語として心経の調整を戒めて来たのです。

しかし現代に置いてそのことを理解することが難しく、実際の治療では避けてきましたが、頭ではなぜ?と疑問が渦巻いていたはずです。

そのことを治療の中から読み解き証明し、「生命形態学」(三木成夫先生創造の学問)をえて、誰でもが心臓と言う臓器の理解を深められるようにいたしました。

このツボこのツボに鍼を刺せば治る、そんな類の鍼治療ではありません。

治療家自体も人類の進化の過程で、どのように人間が変化してきたのか、そのことを知ることによりより鍼治療の奥深さを知ることになるでしょう。

実際途中で経絡調整をしたところ、自身ひどい目にあいました。

中国人ではないですよ。

古代の中国大陸で治療家として活躍された先達の叡智は、先端の機器が無くても補ってかつ余りあるほどの深さがあったことが理解できます。

心臓疾患治療をユーチューブにアップしました。ご覧ください。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ