ディメンション治療も各論に

私自身の脳溢血後遺症治療も、理論と治療法が確立できたようです。

今まで以上に改善がみられています。

先日NHK番組で「キラーストレス」の特集がありました。

これをヒントにディメンション治療を行ったところ、目覚ましい効果が出て薬の効果に重なり、血圧が下がりすぎ体の動きが鈍くなったほどです。

今は薬を調整しています。

私の脳溢血の原因はストレスの過剰から起こったものなので、やっとそれに沿った治療法が見つかったということです。

同時に気が付いたのは高い効果が出せる高麗手指鍼は、考え方が誤れば全く異なった悪い結果を招きかねないことが分かりました。

わが金成万師が嘆いていたことですが「この鍼は訳が分からないで刺しても、結構治してしまう」という言葉でした。

いまそのことが証明されることとなりました。

手のひらは体として見てそのツボを刺すのですが、脳と見立てて刺すと同じツボが全く異なった刺激を与えることとなります。

つまり今まで体に見立てて腰痛肩こりの治療を行っていたことが、実は脳への刺激をしていたことになります。

キラーストレスの治療は今まで、まったく逆の治療を行っていたことが理解できました。

唖然です。

金師はこのことが分からなかったのですが、仰った言葉の中に高麗手指鍼の持っている神秘と難しさをかんじていたのでしょう。

手のひらの中に脳があることを思えば、ここを傷つけるなどはもってのほかです。

鍼を多くさすことも、やみくもにあちこち刺すことも、とても危険なことなのです。

核となる理論とツボが決定したので、これからは各論に進むのが当然の帰結になります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ