入会をためらわれている方に

卒業後多くのセミナーに期待して参加したが裏切られてきた、そのような体験をお持ちでしょうか?
私も体験し失敗した苦い思いをたくさん持っていますのでわかります。

どうにか開業をしているけれど、整骨院や鍼灸院 無資格の整体院・カイロプラクティックなど、様々な治療院に囲まれている。
いつまで腰痛肩こりだけでやって行けるのか、将来に不安だらけだ。
何とか自信をもって病気を治せる、そして他店と差別化をできる特徴ある鍼を学びたい。
そんな方が多いと思います。

しかし高麗手指鍼専門の治療院ってあまり見かけませんよね。
高麗手指鍼の本格的なセミナーって、どのようなものかわかりませんよね。

その上この講座ではほかにはない「弟子入り」と同じように行いますって、書いてあるのに気が付きませんでしたか。
「弟子入り」とは、脈診やツボや接客方法を個人的に習うと言う事ではないのですよ。後で説明しますが。

何か様々なことが従来のセミナーとは違っているのではないでしょうか?

弟子入りというのが治せる鍼灸師になる王道だ、と昔から言われて続けて来ました。
しかしその道を探しその道に進むことができるのは、本当に限られた特別なコネのある一部の人達だけでした。
これは相当高いハードルでした。並みのことでは弟子入りは不可能でした。

また教える方も誰でも良いというわけではありません。なぜならとんでもない人間が弟子になってしまう、そのような危険性があるからです。学生時代に読んだ、首藤伝明著「経絡治療のすすめ」の巻頭に、二人のトンデモ弟子のことがかいてあります。普通の社会では決して許されないことが、この鍼灸と言う世界にはあるんだと驚いたことがありました。

「先生この治療にはどのツボを使えば良いでしょうか」先生は一応答えるでしょうが、本気では答えません。なぜならこのツボとこのツボを使えば、この病気は治ると教えたとしても、聞いたものがその治療レベルになければ治せない、そのようなのがこの鍼灸師の世界であり鍼治療なのです。

鍼灸の本を開くとこの治療にはこのツボをと、20個も書いてあるのを見て学生時代にびっくりしました。これは治せないんだ、もともと教える気がなくて本をかいているのだと悟りました。

授業中に先生が「鍼灸の先生方は長い経験から、この鍼の感覚 感触だとこの病気だと解ってしまう。でもそんなこと本位書いたり、簡単には教えないぞ」と仰ったことがありました。その真意はもちろん何十年かかかって会得した技術を、簡単に教えることは出来ないということが最初にあるでしょう。もっと大事なことはその前の経験の中で苦しむことなく、いきなりそれを教えてもらっても結局使いこなせなくなる恐れがあるからです。もし治せなかったりした場合には、どのような悪口を言われるかも知れず、親切が仇になることもあるのです。

だから弟子入りは狭き門と昔から言われているのです。

ではセミナーで弟子入りと同じ成果を得られるか?それは無理でしょうね。

その最も根幹は「気の伝承」を得ることが出来ないからです。

「気?」

そう気です。

でも多くの鍼灸師はこの気について分かっていません。

自分で気を使って治している人はいます。でも気で治しているとわからない人もいます。気のことを語るけれど、それは本に書いてあるから話すのであって、実感としてまたは体験したことのない鍼灸師もいます。気を理解し気を使って患者を治していても、弟子がその気を出せるように出来る、そのような技術を持った鍼灸師は皆無でしょう。ただし弟子入りというシステムの中で、知らづに分け与えているというのが今まででした。

私は氣の習得法に気づき、受講生には2つの方法で「鍼灸師の気」を会得する方法を考えました。だから普通のセミナーとは一線を画します。

気功師のところに何年も通って、鍼灸師が治療に使える気を学べるかといえば、「?」と言わざるを得ません。そもそも気について「これだ」といえる人は殆どいないからです。

前期の中で5回以内に受講生は、この氣を手に入れられるはずです。それを更にパワーアップするには、日々の努力を欠かさなければ良いのです。

ところで高麗手指鍼って名前を聞いたことがないかもしれませんね。
それに良い評判悪い評判さえ聞いたことがないかも知れません。
40年ほど前は治療家の間では韓国の大会へ参加するため、チャーター便まで設えたブームが起きていたそうです。
その後ブームが下火になってしまった一因として、日本で求められる鍼灸のレベルに、高麗手指鍼専門家が出なかったことがあったかもしれません。
それが見直されたのは、金成万鍼灸師が末期がん治療に成果を上げているという、テレビ番組が放送されたからでした。
しかしその治療の本質は「気功」の力に頼る、伝統的な鍼と本質は変わりませんでした。

入会迷ってますか?
受講費が高いですか?
会場の東京は遠いでしょうか?

講座の1年目に運動器疾患治療を授業内容にしています。
当院では激しい痛みの坐骨神経痛でも、およそ12回前後で簡単に完治させます。
3回目の治療後には痛みはこのように変わり、6回目の治療後にはかなりの痛みが消えて楽になり、12回前後で終了になります。
痛みにうめき苦しんでいる患者さんに、あなたは自信をもって治療経過を描いて見せることができるようになります。
実際3回目から患者さんはそのようになったと実感するので、あなたへの信頼感は前にもまして強くなります。
この方法は手指鍼だけを刺していては、このような効果は得られません。

12回の治療費は80300円になり、患者さんが7.5人来ればペイできます。
脊柱管狭窄症なら週2回3か月来られれば、ほとんどの方が普通に歩けるようになります。
この場合24回の治療費計152300円で、約4人の患者さんで受講費と同じになります。
頚椎症もこの応用で簡単に治療できます。
この治療法にはさらなる応用が可能です。
後縦靭帯骨化症という難病も治療ができ、効果を確実に出すことができます。
個人差はありますが首のしびれも腰のしびれも治って、患者さんが日常生活を支障なく送ることができるようになります。

韓国で生まれた高麗手指鍼ですが、その本場以上のことを学べるのは「手のひら先生高麗手指鍼講座」になります。
ホームページ・ブログをご覧になれば、その効果を理解できるはずです。
運動器疾患が終了したら今度は免疫疾患治療を学びます。
ここまで来ればあなたのライバルはかなり減ってきたでしょ。

手のひら先生は自らの脳溢血後遺症治療をする過程で、様々な発見と治療法を考えだしました。
それが脳神経のツボとディメンション治療法です。
さらにその理論を効果的に治療に結びつけることができる、新しい考え方で器具を改善しました。
ここまでたどり着けば、もうあなたは現在も未来もゆるぎない自信をもって、安心して治療に専念できるはずです。
あなたの近くに当院がないのは残念ですが、私も「これだ!」と思った講座にはためらいもなく全国に飛んだことがあります。

多くのセミナー参加で時間と費用を費やしてきました。
無駄じゃなかったろうか?そう思うものも多々ありました。
20年前はネットで情報を得るなんてできなかったので、まず参加して自分に合うか否かを体験しなくてはなりませんでした。

体験から得た修正点を盛り込み、自分の技術と理論に自信が持てるようになったので、後から来る方たちにこれを伝えようと思った次第です。
また従来の弟子入りの本質にも気が付いたからです。
弟子入りが「独り立ちした鍼灸師になる早道」とか「名人になる王道だ」この言葉の意味を読み解いたからです。
先生から治療家の治せる気を分け与えてもらうから、治すことができるようになるのです。
何冊本を読んでも説明の図を読んだとしても、治せない治療家が多くいるのは、ここに根本原因があったのです。
したがってそれができないセミナーを、いくつ渡り歩いても治せるようにはならないのです。

最初は気功の授業から始めます。これが鍼灸師の王道だからです。
そして高麗手指鍼の基礎になります。目から鱗のかずかずに驚くはずです。
患者さんが多い運動器疾患を1年目に身に着けます。
2年目は免疫疾患を中心に行います。
世界で私のところだけしかできない「癒着治療」も習えます。
次の段階は脳神経疾患治療と更なる高度な治療法、ディメンション治療へと進むことになります。
脳溢血後遺症やもパーキンソン病も自信をもって治療に当たることができます。
ここまで来れば世界のどこに行っても胸を張っていける「手のひら先生」になることができます。

この講座は15年以上前から治療家から問い合わせがあったり、患者さんまでもが「早く後継者を育てて下さい」と望まれていたものです。
1回1回授業を重ねるほどに今までにない技術と理論を身に着け、自信がわいてくるはずです。
患者さんから望まれるほどの鍼なので、あなたが身に着ければ感謝されること間違いはありません。
途中で一人の脱落者が出ないように、お互いが同じレベルで進み励ませるような、いろいろな工夫を考えているので安心して参加してください。
講座の第一の目的は、あなたにこの鍼の伝道者・継承者になってほしいのです。

このセミナーは新卒者向けの講座ではありません。
治療院を開業されレベルアップを望まれる方や、将来の開業を目指し医療に携わっている方向けの、いわばプロ相手の講座です。

1回に教えられるのは10名が限度です。
それは講師が鍼灸師としての気を送れるのは、そのぐらいが限界ということです。
決して高くないハードルでしょうから乗り越えてください。

申し込み順ではありません。
面接をして一定の水準にあると認めれば、そこで募集は締め切りになります。

さあ!「手のひら先生」の道へ第1歩を踏み出してください!

最後にあるセミナーに参加した時に主催者がこう話しました。「この中で技術を学び実際に使っているものは、20%ぐらいでしょうね」

私もセミナー参加している時に思ったのですが、テストもなければ学んだ技術を習得したかの確認、生徒同士そのセミナーは良かったか否かなど、全く行われませんね。今だと2ちゃんねるを見ると結構書き込みがあっったりします。読めばさもありなんと合点するのです。

動画を見ればわたしの治療法の全体が分かります

サブコンテンツ

このページの先頭へ